中伊豆の温泉宿

中伊豆の温泉宿

中伊豆の温泉宿は他の伊豆地域と異なり風情や歴史があります。修善寺は桂谷山寺とも言われ、807年に弘法大師が開基したことがキッカケと言われています。中伊豆南部にある吉奈温泉は奈良時代に発見され、お万の方が滞在し2児を授かったことから「子宝の湯」として伝えられています。 また川端康成が伊豆の踊り子を著した修善寺湯本館や初代中村吉右衛門や二代目市川左団次が宿泊した新井旅館と日本の歴史と共に歩んで来た温泉地です。

中伊豆の温泉宿の客室

中伊豆の温泉宿の客室は主に和室が多く、湯ヶ島・月ヶ瀬は狩野川、修善寺は北又沿いに佇む風情のある宿があります。 立地から春の新緑の季節や秋の紅葉の時期には美しい眺めを見られるところが多くあります。

中伊豆の温泉宿

中伊豆の温泉宿には修善寺・月ヶ瀬・嵯峨沢・吉奈・湯ヶ島とあり、どの温泉郷も内陸の風情のある山間に 残っています。

中伊豆の食事

中伊豆の食事は主に懐石料理を提供するところが多いです。海産物は国道134号線や修善寺道路を行った西伊豆、天城山を超えた下田南伊豆、三島を超えて沼津港、東は伊東などから調達できる絶好の立地です。

中伊豆の交通アクセス

中伊豆の交通アクセス